沖館川をきれいにする会とは・・・

このような取り組みを行っています

川紹介ギャラリー
土手の美化活動を行っています(土手の草刈り)土手の美化活動を行っています(土手の草刈り)風景 平成29年度 自治体との対話(青森県東青地域県民局への要請活動の様子)2017 自治体との対話(青森県東青地域県民局への要請活動)の様子 地域の想いに耳を傾ける(子供たちからの手紙)地域の想いに耳を傾ける(子供たちからの手紙)





活動範囲沖館川をきれいにする会の活動範囲マップ

会発足の経緯

 沖館川は、西滝川と万太郎堰が合流する延長11km余の2級河川であるが、戦後は汚染が進む一方で、誰もが川の環境浄化には二の足を踏む状況にありました。
 このような中で、平成14年1月末に沖館小学校の4年生児童達が、社会科の授業において“沖館川はどうして汚れてしまったのか、昔のようにホタルが飛び交い、水遊びができる綺麗な川に戻れないのでしょうか---”などと疑問を抱き、地域リーダーである各町会長へ川をきれいにしてほしいとの想いを児童代表名で手紙に書いて送ったのでした。
 この手紙がキッカケとなって、当時の石戸谷忠夫沖館第三町会長(沖館地区社会福祉協議会長)と加川光義中央富田町会長(西部第一地区連合町会長)が、沖館川流域の各町会長に連携を呼びかけて協議し、将来ある子ども達の夢と期待に応えるために、川をきれいにするための組織づくりこそ必要であるとの結論に達し、平成14年7月15日「沖館川をきれいにする会」の創立総会を開催、同年8月1日 同会を正式発足させるに至りました。
(石戸谷忠夫会長~会則有り)以来、地域住民と共に沖館川に係わる環境整備とそのための国・県・市への要望や陳情、或は子育て支援事業の活用等も利用して活発な活動を展開して今日に至っています。
 平成28年現在会発足から14年となりますが、この間、平成22年9月には「青森県ふるさとの水辺サポーター」として認定され、ベイブリッジ大橋~相野橋までの河川管理用通 路(通称土手)の草刈り、ゴミ拾いを実施するようになり、また、最近は「芝桜」などの多年草を植え付ける等、年々都市化が進む川周辺の環境に合わせた活動も行っております。
 こうした活動を進める中、平成26年度~27年度にかけて、青森県東青地域県民局でベイブリッジ大橋~相野橋の先まで土手の両岸を舗装して下さいました。
 この結果、周辺住民の通勤・散歩・健康づくりコースとして多くの方が、これまで以上に土手を活用するようになりました。

最近の活動

 沖館川、西滝川、万太郎堰周辺も都市化が進み、50~70年前には田畑が広く広がっていたところも、現在では外環状線の外側に見られる程度になってしまいました。
 一方、都市化の影響で事業所排水や生活排水が側溝や直接川に流れ込んでいます。
 また、農業用水を供給するための小川もコンクリートやU字溝の側溝となり、昔、小川や田んぼで見かけた生物も見ることができません。
 このため、昔の風景を取り戻すことは難しいと言わざるを得ません。
 しかし、川と川に流れ込む側溝つながりの住民が力を合わせて、時代に合わせたきれいな川と水辺環境づくりが必要です。

 「沖館川をきれいにする会」は、その一助となるよう積極的に活動を推進しております。


 【沖館川をきれいにする会の活動範囲】

 市街地の側溝でつながって、沖館川・西滝川・万太郎堰に生活排水が流れ込む範囲を活動範囲としています。



back home icon

2018年度の活動

最新情報 2018年 4月21日
<情報は降順掲示しています>
前年度までの活動状況は【メニュー】の記録でご覧になれます

沖館川に油が!!

2018年4月16日 東奥日報(夕刊)に掲載された記事
2018年4月16日 東奥日報(夕刊)に掲載された記事です

沖館川の田橋下流側に設置されたオイルフェンスの様子
2本の内、手前が油の吸着用です
沖館川の田橋下流側に設置されたオイルフェンスの様子です

吸着用フェンスには油が、向こうのオイルフェンスとの間にはいろいろなゴミが見られます
普段、散発的に流れて来るので気づきにくいのですが、まとめてみると良く分かります
こうしたゴミがむつ湾に流れ込んでいるのです(悲しい!!)
吸着用フェンスには油が、向こうのオイルフェンスとの間にはいろいろなゴミが見られます。普段、散発的に流れて来るので気づきにくいのですが、留めてみると翌分かります。こうしたゴミがむつ湾に流れ込んでいるのです(悲しい!!

田橋のすぐ上流側の護岸付近には、まだ油が浮かんでいました
田橋のすぐ上流側の護岸付近には、まだ油が浮かんでいました

沖館川に油が!!!!(記事)

写真は、4月18日13時27分頃に撮影したものです。
事業所や作業者は、十分に油処理を行ってください。そして絶対に敷地外には不法に流出させないようにしてください。
結局、巡り巡って自身が汚れた海で育った魚を食べることになるのですから・・・

back home icon

2018年度定時総会を開催しました!!

菅原会長 挨拶の様子
菅原会長が挨拶している様子です

立っているのが来賓代表 伊吹県議会議員挨拶の様子
来賓(顧問)を代表して伊吹県議会議員が挨拶している様子です

向かって左から丸野青森市議会議員
向かって右から藤田青森市議会議員、里村青森市議会議員
顧問(県議会・市議会議員)の皆さまです

退任の挨拶をされる菅原前会長
退任される菅原会長の挨拶時の様子です

総会の司会を担当した久慈副会長
司会を務めた久慈副会長です

総会後の懇親会の様子
総会後の懇親会の様子です

受付を担当して下さったキャリアウーマンで当会会員の方々
受付他で手伝ってくださった女性会員です

2018年度定時総会を開催しました!!(記事)

日時 : 2018年4月14日(土)
     17:00~18:50
場所 : 沖館市民センター 1階和室A・B和室

お陰さまをもちまして無事総会を開催することができました。会員の皆さまには多忙の折にも拘らず出席いただき有難うございました。

○ 今回の総会では、会発足15年経過を踏まえて、活動の再点検の意味で会則の点検と時代に合わせた改正を行いました。

○ 河川水の浄化と環境美化活動を分けました。
 ・ 従来の『沖館川をきれいにする会』は、川の中の問題を考える団体として活動します。
 ・ 河川管理用通路(通称土手)の環境美化活動は、青森県ふるさとの水辺サポーターとして登録し活動している『沖館川をきれいにする会』の名称を 『青森県ふるさとの水辺サポーター 沖館川をきれいにする会』として、独立させて活動します。
 これに伴って会則および細則を制定しました。

○ 今年度は役員改選期でした。自薦・他薦・事務局案などから、会長には次の方々が就くことになりました。
 ・ 『沖館川をきれいにする会』の会長には、切島町会の飯田町会長
 ・ 『青森県ふるさとの水辺サポーター 沖館川をきれいにする会』の会長には、大福町会の久慈町会長
○ これまで4年間会を引っ張っていただいた菅原前会長には、心より感謝申し上げます。

○ 新しく役員に就かれる皆さまには、他の役職を持って多忙とは存じますが是非ご協力下さいますようお願い申し上げます。

○ ご出席いただきました県議会、市議会議員の皆さまに厚く御礼申し上げます。

○ お仕事で忙しい中、駆けつけて出席して下さった女性会員の鈴木育子様 有難うございました。

○ 改正後の会則、サポーター沖館川をきれいにする会の会則および役員体制につきましては、後日ホームページを修正して公開いたします。

back home icon

過年度の活動記録

PDFファイルでご覧頂けます

過年度活動記録(ホームページ掲載記事の年度別集約版)

平成29年度(2017)活動実績(1/2)
pdfファイルシンボル平成28年度(2017)活動実績(1/2)PDF版はこちらです。
平成29年度(2017)活動実績(2/2)
pdfファイルシンボル平成28年度(2017)活動実績(2/2)PDF版はこちらです。
平成28年度(2016)活動実績
pdfファイルシンボル平成28年度(2016)活動実績PDF版はこちらです。
平成27年度(2015)活動実績
pdfファイルシンボル平成27年度(2015)活動実績PDF版はこちらです。
平成26年度(2014)活動実績
pdfファイルシンボル平成26年度(2014)活動実績PDF版はこちらです。
平成25年度(2013)活動実績
pdfファイルシンボル平成25年度(2013)活動実績PDF版はこちらです。
平成24年度(2012)活動実績
pdfファイルシンボル平成24年度(2012)活動実績PDF版はこちらです。

平成23年度以前の活動については、平成24年6月時点において現存する会報をPDF化したものです。
平成24年度以降分は、ホームページに掲載した情報をPDF化したものです。
是非、ご覧になっていただければ幸いです。

2013.3.21_沖小児童感想文 pdfファイルシンボル2013.3.21_沖館小学校児童感想文.pdf

過年度活動状況(会報のPDF版)

pdfファイルシンボル会報沖館川をきれいにする会第30号.pdf
pdfファイルシンボル沖館川・西滝川・万太郎堰マップ.pdf
pdfファイルシンボル会報沖館川をきれいにする会第29号.pdf
pdfファイルシンボル会報沖館川をきれいにする会第28号.pdf
pdfファイルシンボル会報沖館川をきれいにする会第27号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第26号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第25号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第24号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第23号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第22号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第21号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第20号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第19号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第18号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第17号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第16号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第15号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第14号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第13号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第12号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第11号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第10号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第9号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第8号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第7号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第6号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第5号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第4号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第3号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第2号.pdf
pdfファイルシンボル会報なでしこ第1号.pdf
pdfファイルシンボル会報(沖館川をきれいにする会).pdf
pdfファイルシンボル会報(沖館川をきれいにする会).pdf
pdfファイルシンボル会報(沖館川をきれいにする会).pdf
pdfファイルシンボル会報(沖館川をきれいにする会).pdf

back home icon

水質検査

平成19年1月~27年10月までの検査記録

沖館川をきれいにする会では、定期的に河川水の水質検査を実施しています。

(水質検査を行うようになった経緯)

 平成19年8月27日に青森県の地域整備部主催の「水循環教室」に参加し、川水の水質検査要領を受講したことがきっかけとなり、同年9月から当会で実施するようになったものです。
詳しくは、平成20年3月10日発行の会報で紹介していますので、そちらでもご確認できます。
 検査は、サンプル水を採集し、これを簡易水質検査器を使用して(パックテスト)検査しています。具体的には、pH、COD、DOの各項目に対応する薬品が入ったポリチューブ入り分析器具にサンプル水を取り込み反応させ、時度数値を検出して、判定表(色鑑別図表)と照合して結果数値を出す方法です。
 当初は、毎月検査を実施しておりましたが、隔月検査でも傾向把握に支障がないことがわかったため、その後は検査周期を奇数月に実施するようになりました。
その後、平成25年度から、冬季の積雪による足場の悪い時期(転落の危険がある)を除く4月~10月の偶数月に検査を実施することとして現在に至っております。
 なお、平成22年9、11月のDOデータの欠損は、分析器具の在庫切れにより検査できなかったことによるものです。

平成19年1月~22年1月_水質検査記録
pdfファイルシンボルこちらでご覧になれます

平成22年3月~25年8月_水質検査記録
pdfファイルシンボルこちらでご覧になれます

平成25年10月~27年10月_水質検査記録
pdfファイルシンボルこちらでご覧になれます

back home icon

連絡・事務所案内

当会は、会員の会費で運営しております。このため事務所も会長宅を指定しております。
事務所前の道路も狭いため、車で訪問される場合は安全と他の車両の通行にご配慮願います。

=== 沖館川をきれいにする会 ===

住所:青森県青森市富田2-6-34(飯田会長宅)
電話:017-781-2636

お問合せ
お問い合わせは、e-メールまたはお電話でお願いいたします。

(お断り)
お問合せに対して即応出来かねる場合があります。
また、e-メールでのお問い合わせに対しても、返答までに数日を要する場合がありますのでご了承ください。

お問合せ先
電話:017-766-6035 (三戸孝二宅)
e-メール okidategawa-kirei@hp-aomori.jp


♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

=== 青森県ふるさとの水辺サポーター ===
沖館川をきれいにする会

住所:青森県青森市篠田1-27-27(久慈会長宅)
電話:017-766-0286

お問合せ
お問い合わせは、e-メールまたはお電話でお願いいたします。

(お断り)
お問合せに対して即応出来かねる場合があります。
また、e-メールでのお問い合わせに対しても、返答までに数日を要する場合がありますのでご了承ください。

お問合せ先
電話:017-766-6035 (三戸孝二宅)
e-メール okidategawa-kirei@hp-aomori.jp

back home icon

沖館川をきれいにする会会則

平成30年4月14日改正版です

(名 称)
第 1 条
 本会は、「沖館川をきれいにする会」と称する。

(事務所)
第 2 条
 本会の事務所設置場所は、「細則」で定める。

(目的と活動)
第 3 条
 本会は、青森市沖館川他の水質向上を目的として、沖館川、西滝川、万太郎堰流域の町会及び住民と連携を図りながら次の活動を行う。
1.関係行政機関に対して、沖館川、西滝川、万太郎堰の水質向上に関わる諸要請活動を行う。
2.沖館川、西滝川、万太郎堰の安全確保に向け、流域町会および住民に対する啓蒙活動を行う。
3.その他、目的達成に必要な活動を行う。本会は、青森市沖館川他の水質向上および川周辺の環境美化を目的として、沖館川、西滝川、万太郎堰流域の町会及び住民並びに流域に存在する小、中学校と連携を図りながら次の活動を行う。

(会 員)
第 4 条
 本会は、沖館川、西滝川、万太郎堰流域の町会役員、町会役員経験者および協力団体並びに個人を対象とする。

(会 費)
第 5 条
 会員は、本会を維持運営するために必要な経費を会費として分担しなければならない。
 会費は次のとおり定める。
(1)町会会員(町会を代表して参加する場合)     2,000円/年
(2)個人会員(協力団体および個人で任意参加の場合) 1,000円/年

(会の構成)
第 6 条
 本会は、以下の役員、事務局、顧問、会計および会計監事で構成し、総会で選出する。
1.役員
  会 長   1名
  副会長  若干名
  理 事  若干名(事務局長、事務局次長を含む)
2.事務局
  事務局長  1名
  事務局次長 1名(必要に応じて設ける)
3.顧 問
  原則として会員の対象となる地域に居住する県議会議員、市議会議員および当会会長経験者
4.会計
  会 計   1名
5.会計監事  2名

(構成員の役割)
第 7 条
 会を構成する役員、事務局、顧問、会計および会計監事の役割は、以下のとおりとする。
1.会長は本会を代表し会務を統括する。
2.副会長は、会長を補佐し会長が業務を遂行出来ない場合はこれを代行する。
3.理事は、会務の執行にあたる。
4.事務局長は、会運営上の諸事務を統括する。
5.事務局次長は、事務局長を補佐する。
6.会計は会の会計事務にあたる。
7.顧問は、会長の諮問に応じる。
8.会計監事は、本会の会計を監査する。公正を期すため他の役職を兼務してはならない。
  なお、他の役職とは、会長、副会長、理事、事務局長、事務局次長をいう。

(構成員の任期)
第 8 条
 役員、事務局員および会計監事の任期は2年間とする。但し、再任はこれを妨げない。

(会 議)
第 9 条
 会議は、定時総会、臨時総会、三役会、役員会とし、会長が招集する。
 各会議に於ける議長は、会長がその任にあたる。
 議事は、出席者の過半数をもって決する。但し可否同数の時は、議長の決するところとする。
1.定時総会
 定時総会は、全会員をもって構成し、年1回(4月)開催を原則とする。
 以下の事項について審議する。
(1)会則の改正。
(2)役員の選任。
(3)収支決算の承認。
(4)予算及び活動計画の承認。
(5)会費の金額変更。
(6)その他必要と認められた事項の承認。
2.臨時総会
 臨時総会は、定時総会を待った場合に会として著しい損害を被る恐れがある場合等の時に開催する。
 構成は定時総会に準じ、以下の事項について審議する。
(1)役員会において早急に結論を得る必要があると判断された重要事案
3.三役会
 三役会は、会長、副会長、事務局長(理事)、事務局次長(理事)で構成し、以下の事項について審議する。
(1)会則の改正に関わる(案)作成。
(2)会報作成
(3)迅速決定が求められ、総会および役員会開催に至らないと判断される事項。
 ⇒他の関係団体、県・市主催の行事参加および共同で実施する事業開催など。
4.役員会
 役員会は、会長、副会長、理事で構成し、以下の事項について審議する。
 なお、開催時期は特に定めないが、定時総会、臨時総会開催前に開催することを原則とする。
(1)定時総会、臨時総会に諮る事項の内容精査。
(2)質疑応答他について役員間の意思疎通。
(3)会則の改正に関わる事前審議と集約。
(4)事案が、臨時総会の開催を要するか否かの判断。
(5)細則の改正。
(6)その他必要事項。

(活動年度・会計年度)
第 10 条
 本会の活動年度および会計年度は、4月1日から翌年の3月31日とする。

(会 計)
第 11 条
 本会の運営に関わる経費は、会費、補助金、寄付金およびその他の収入を以ってこれに充てる。
 なお、経費の使途および金額に関する制限事項等については細則で定める。

(会計監査)
第 12 条
 会計監査は、会計年度終了の翌月に実施することを原則とする。

       (細則)
第 13 条
 この会則の具体的な運用方法については、別に定める細則に定める。細則は、会費を除き役員会の承認を以って発効するものとする。

附則
 この会則は平成14年8月1日より実施する。
 平成19年 9月 3日  一部改正
 平成20年 9月22日   同上
 平成25年 6月 3日   〃
 平成26年 4月21日   〃
 平成30年 4月14日   〃

back home icon

会の構成

平成30年4月14日 総会にて承認

 並びは項目毎に50音順、氏名敬称略

会の構成員

沖館川、西滝川、万太郎堰周辺の36町会
沖館川を考える会、沖館地域緑の募金推進協力会
個人会員16名

 <役員>

会長
飯田 祥生

副会長
久慈 博昭
村上  均

理事
奥山  茂
菊地 賢一
佐藤 利市
高橋 俊治
竹内  寛
成田  實
 
理事・事務局長
三戸 孝二

<その他構成員>

顧問
伊吹 信一(青森県議会議員)
秋村 光男(青森市議会議員)
齋藤 憲雄(青森市議会議員)
里村 誠悦(青森市議会議員)
藤田  誠(青森市議会議員)
丸野 達夫(青森市議会議員)
加川 光義(元会長)
寺嶋  功(元会長)

会計監事
寺嶋  功(顧問、元会長)
磯島 慶子(沖館第四町会)

会計
三戸 郁子(沖館第四町会)

back home icon

青森県ふるさとの水辺サポーター

平成22年9月にサポーターになりました

 平成22年9月29日(水)東青地域県民局地域整備部河川砂防施設課より「沖館川をきれいにする会」に対して青森県ふるさとの「水辺サポーター認定書」(22.9.15付東青地域県民局長名)が当会へ交付されました。
当時の寺嶋副会長・片岡監事・當麻理事が県庁に出向き、工藤金一部長(当時)より交付されたもので、今後とも相野橋からベイ大橋までの沖館川流域の美化活動・環境保全に協力されたいとの要請がありました。

サポーター認定証書交付風景
サポーター認定証書交付風景
サポーター認定書交付後の記念写真
サポーター認定書交付後の記念写真
水辺サポーター認定書
水辺サポーター認定書
水辺サポーター実施地区掲示板
水辺サポーター実施地区掲示板
2012年沖館橋河川標識付近風景
2012年沖館橋河川標識付近風景
2015年沖館橋河川標識付近風景
2015年沖館橋河川標識付近風景

水辺サポーターとは
 H22.2青森県土整備部が「青森県ふるさとの水辺サポーター制度」を制定し、一定区間の河川等で清掃・除草等の美化活動を定期的に行う住民や企業等の団体のボランテイアを募って「サポーター」に認定するというもので、東青地域では当会が6番目の加入となり、現在15団体(東青地域県民局管内)が活動中。
当会は県の薦めで22.9.1付入会申込み(79名分を添付)したものです。
 水辺サポーターになると青森県ふるさとの水辺サポーターに認定されると、こんな支援が受けられます。
 ・ ゴミ袋や軍手など、美化活動に必要な物品が県から支給されます。
 ・ 県が、サポーターの活動について万が一の事故に備え、ボランティア保険等に加入してくれます。
 ・ 対象の区間にサポーターの名前を記入した看板を設置してもらえます。
 ・ ゴミの処理など、県と市町村とが協力しながら、サポーターを支援してもらえます。

青森県ふるさとの水辺サポーター活動状況については、【リンク】から「青森県ふるさとの水辺サポーター活動状況のページ」で確認できます。

(留意点)
 「沖館川をきれいにする会」としても、クリーン作戦時の万一の事故対応として、ボランティア保険適用に遺漏の無い様、毎年参加者の事前把握を行う必要があります。関係者のご協力をお願いします。

back home icon

青森県ふるさとの水辺サポーター
沖館川をきれいにする会


会則

(名 称)
第 1 条
 本会は、「青森県ふるさとの水辺サポーター 沖館川をきれいにする会」と称する。

(事務所)
第 2 条
 本会の事務所設置場所は、細則でこれを定める。

(目的と活動)
第 3 条
 本会は、青森市沖館川(青野橋~ベブリッジ大橋間)の環境美化を目的として、活動区間流域の町会及び住民と連携を図りながら次の活動を行う。
1.清掃、除草、芝桜などの花の植栽、ごみ拾いなどの環境美化活動
2.青森県、青森市の環境活動への協力活動
3.その他、目的達成に必要な活動を行う。

(会 員)
第 4 条
 本会は、活動区間流域の町会役員、町会役員経験者および協力団体並びに個人を対象とする。

(会 費)
第 5 条
 会費は徴収しない。

(会の構成)
第 6 条
 本会は、以下の役員、事務局、顧問、会計および会計監事で構成し、総会で選出する。
1.役員
  会 長   1名
   副会長  若干名
  理 事  会長、副会長を除く全参加町会・協力団体から各1名(事務局長を含む)
2.事務局
  事務局長  1名
3.会計
  会 計   1名
4.会計監事  2名

(構成員の役割)
第 7 条
 会を構成する役員、事務局、顧問、会計監事の役割は、以下のとおりとする。
1.会長は本会を代表し会務を統括する。
2.副会長は、会長を補佐し会長が業務を遂行出来ない場合はこれを代行する。
3.理事は、会務の執行にあたる。
4.事務局長は、会運営上の諸事務を統括する。
5.会計は会の会計事務にあたる。
6.会計監事は、本会の会計を監査する。公正を期すため他の役職を兼務してはならない。
 なお、他の役職とは、会長、副会長、理事、事務局長をいう。

(構成員の任期)
第 8 条
 役員、事務局員、会計および会計監事の任期は2年間とする。但し、再任はこれを妨げない。

(会 議)
第 9 条
 会議は、定時総会、三役会、役員会とし、会長が招集する。
 各会議に於ける議長は、会長がその任にあたる。
 議事は、出席者の過半数をもって決する。但し可否同数の時は、議長の決するところとする。
1.定時総会
 定時総会は、全会員をもって構成し、年1回(4月)開催を原則とする。
 以下の事項について審議する。
(1)会則の改正
(2)役員の選任
(3)新年度の活動計画
(4)収支決算の承認
(5)予算及び活動計画の承認
(6)活動の在り方、個別の除草ほか区分の見直し、活動連絡の仕方などの見直しの承認
(7)その他必要と認められた事項の承認
2.三役会
 三役会は、会長、副会長、理事(事務局長含む)で構成し、以下の事項について審議する。
(1)会則の改正に関わる(案)作成。
(2)迅速決定が求められ、総会および役員会開催に至らないと判断される事項。
  例:他の関係団体、県・市主催の行事参加および共同で実施する事業開催など。
(3)事案が、臨時総会の開催を要するか否かの判断。
3.役員会
 役員会は、会長、副会長、理事で構成し、以下の事項について審議する。
(1)定時総会、臨時総会に諮る事項の内容精査。
(2)質疑応答他について役員間の意思疎通。
(3)会則の改正に関わる事前審議と集約。
(4)事案が、臨時総会の開催を要するか否かの判断。
(5)その他必要事項。

(活動年度・会計年度)
第 10 条
 本会の活動年度および会計年度は、4月1日から翌年の3月31日とする。

(会 計)
第 11 条
 本会の運営に関わる経費は、補助金、寄付金およびその他の収入を以ってこれに充てる。
 経費の使途に関する制限事項等については細則で定める。

(会計監査)
第 12 条
 会計監査は、会計年度終了の翌月に実施することを原則とする。

(細則)
第 13 条
 この会則の具体的な運用方法については、別に定める細則に定める。
 細則は、役員会の承認を以って発効するものとする。
 なお、改正については、都度次年度定時総会で報告するものとする。

附則
 この会則は平成30年 4月14日より実施する。

back home icon

会の構成

平成30年4月14日 総会にて承認

並びは項目毎に50音順、氏名敬称略

会の構成員

沖館川、西滝川、万太郎堰周辺の36町会
沖館川を考える会、沖館地域緑の募金推進協力会
個人会員16名

=== 役員名簿 ===


会長
久慈 博昭

副会長
菊地 賢一
福士 輝彦

理事
天内 勝年
飯田 祥生
菅原 征一郎
高橋 俊治
竹内  寛
藤田  誠
山田 俊彦
山本 治男
和田  恵

理事・事務局長
三戸 孝二

<その他構成員>

顧問
伊吹 信一(青森県議会議員)
秋村 光男(青森市議会議員)
齋藤 憲雄(青森市議会議員)
里村 誠悦(青森市議会議員)
藤田  誠(青森市議会議員)
丸野 達夫(青森市議会議員)
加川 光義(元会長)
寺嶋  功(元会長)

会計監事
寺嶋  功(顧問、元会長)
磯島 慶子(沖館第四町会)

会計
三戸 郁子(沖館第四町会)

===== 会員名簿 =====

並びは順不同、氏名敬称略

(町会会員)
大福町町会
篠田町会
沖館第二町会
沖館第三町会
沖館第四町会
富田町会
中央富田町会
新富田町会
北富田町会
西富町会
新田町会
富士見町会
ベイタウン沖館町会
富田ふれあい町会
東上古川町会
西上古川町会
西篠田町会
上三上町町会
浪館第二町会
東千刈町会
南千刈町会
西千刈町会
千富町町会
西滝町会
相野第一町会
三内丸山町会
出町町会
出町第二町会
稲元町会
切島町会
三和町会
滝内町会
浪館第四町会
浪館第五町会
浪館浅井町会
志田町会

(個人会員)
伊吹 信一(県議会議員)
丸野 達夫(市議会議員)
秋村 光男(市議会議員)
齋藤 憲雄(市議会議員)
藤田  誠(市議会議員)
里村 誠悦(市議会議員)
前田  保(沖館第二町会)
佐藤 紘一(沖館第四町会)
三戸 孝二(沖館第四町会)
三戸 郁子(沖館第四町会)
磯島 慶子(沖館第四町会)
加川 光義(中央富田町会・第2代会長)
寺嶋  功(ベイタウン沖館・第3代会長)
成田  実(西本町町会)
鈴木 育子(西上古川町会)
千葉 多兵衛(   )

(協力団体会員)
沖館地域緑の募金推進協力会
沖館川を考える会

back home icon

ご寄附

活動の趣旨に賛同して頂いて寄せられたご寄附の一覧

沖館川をきれいにする会の活動に対して寄せられたご寄附を紹介いたします。
当会の活動は、会員の会費によって賄われてまいりましたが、活動の輪が広がるにつれて会の財政事情も厳しくなってきている状況です。このため、平成24年度より広く活動の趣旨に賛同していただける皆様からの寄付を募集させて頂くことといたしました。
このページでは、これまでにご寄附頂いた皆さまを紹介させていただいております。
※ 平成25年度:芝桜購入代として34,000円を使わせていただきました。(土手に植えました)
※ 平成26年度:ブロック、花用土他を購入しました。(前年植え付けた芝桜の生育状況が芳しくなかったことの対策)
※ 平成27年度:26年度に舗装して頂いた土手の縁に芝桜植え付けるための培養土購入他に使わせていただきます。

☆☆ 寄付は随時受け付けしております ☆☆

下記までご連絡いただければ納金方法・領収書発行など説明させていただきます。

沖館川をきれいにする会 (電話) 017-766-6035

e-メール : okidategawa-kirei@hp-aomori.jp



ご寄附者一覧(敬称は省略させて頂きます)

<記載順>

期 日
氏 名
所 在
ご寄附内訳

H30. 4.14
丸野 庸子様
2,000円

H30. 4.14
匿名希望様
1,000円

H29. 5. 8
匿名希望ss様
青森市
10,000円

H29. 4.17
丸野 庸子様
2,000円

青森市
H29. 2.26
三戸 孝二様
青森市
6,000円

H28.11.22
寺嶋 功様
青森市
3,000円

H28. 5.10
匿名希望ss様
青森市
10,000円

H28. 4.18
丸野 庸子様
青森市
2,000円

H27.10.30
沖館川を考える会
青森市
10,000円

H27. 5. 7
匿名希望SS
青森市
10,000円

H27. 4.18
匿名希望TM
青森市
2,000円

H27. 4. 1
hp-aomori
青森市
50,000円
ホームページ
年間維持管理費用

H26. 5. 9
匿名希望SS
青森市
10,000円

H26. 5. 5
hp-aomori
青森市
1,000円

H26. 4.30
hp-aomori 青森市
5,122円
草刈機安全補助用具代として

H26. 4.29
hp-aomori
青森市
3,000円

H26. 4. 2
hp-aomori
青森市
50,000円
ホームページ
年間維持管理費用

H26. 4. 1
Ⅰ・T 様
青森市
10,000円

H25.12. 1
hp-aomori
青森市
2,000円

H25. 8.26
hp-aomori
青森市
4,000円

H25. 7.22
hp-aomori
青森市
1,000円

H25. 7.11
hp-aomori
青森市
1,000円

H25. 7. 9
寺嶋  功様
青森市
5,000円

H25. 6. 3
伊吹 良子様
青森市
5,000円

H25. 6. 3
丸野 庸子様
青森市
2,000円

H25. 5.20
沖館川を考える会
青森市
5,000円

H25. 5.20
匿名希望SS
青森市
10,000円

H25. 5. 2
hp-aomori
青森市
1,000円

H25. 4.28
hp-aomori
青森市
50,000円
ホームページ
年間維持管理費用

H24.10.31
(株)トラスト・メイト
青森市
10,000円

H24. 8. 1
hp-aomori
青森市
200,000円
ホームページ制作
年間維持管理費用

H24. 7. 1
hp-aomori
青森市
1,000円

H24. 6. 3
hp-aomori
青森市
ごみ袋(ブルー45ℓ)140枚
(春のクリーン作戦用として)

H24. 5.28
沖館川を考える会
青森市
10,000円

H24. 5.28
匿名希望SS
青森市
10,000円

back home icon

EM菌について

EM(有用微生物群)とのかかわり

 沖館川をきれいにする会では、川を望む土手の遊歩道の除草や河川水の浄化活動に取り組んでいます。
浄化活動では、毎年7月の「海の日」に「全国一斉EM団子・EM活性液投入~EMで海・河川の浄化~」(U-net 主催)に平成24年度まで当会も参加してEM菌を川へ投入してまいりましたが、平成25年度以降、会としてはEM菌を活用しての活動は行わないことと致しました。

理由 : EM菌の活用については賛否両論があり、会として現状で可否の判断ができないため。

 会としては、平成25年度以降EM菌を沖館川へ投入する活動はしておりませんが、これ以降も活動しているのではないかとの問い合わせがあり、その都度役員を招集して確認し回答しております。
 また、会員が個人的に投入活動に参加する場合でも、河川管理者の許可を得た活動であることの確認を行なうことを義務付け、会の活動に支障を及ぼさないようにと念押ししております。

有用微生物群についての知識(Wikiで作られているフリーな百科事典『Wikipedia』より)

 有用微生物群(ゆうようびせいぶつぐん、Effective Microorganisms、EM)とは、1994年に琉球大学農学部教授比嘉照夫(英語版)が命名した微生物資材およびその関連商品の商標である。Effective Microorganismsとは比嘉による造語である。通称EM菌。
 内容につきましては、Wikipediaの当該ページでご確認ください。

下記をクリックすることで当該ページを参照できます。

ウィキペディア⇒有用微生物群

(参照先アドレス)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E7%94%A8%E5%BE%AE%E7%94%9F%E7%89%A9%E7%BE%A4

※平成28年5月5日 片瀬久美子 博士(理学) サイエンスライター 様より「EM菌による水質改善効果徹底検証」という記事に関する連絡を頂戴しました。
 翌5月6日に当HPから片瀬氏のブログへのリンク貼り付けについての承諾を得ましたので紹介させて頂きます。片瀬氏には深く感謝申し上げます。

沖館川「EM菌による水質改善効果徹底検証」

back home icon

プライバシーポリシー

個人情報の保護に関する取り組み

当サイトは、個人情報に関する法令を遵守し、個人情報の適切な取り扱いを実現致します。
1.個人情報の取得について
  当サイトは、偽りその他不正の手段によらず適正に個人情報を取得致します。
2.個人情報の利用について
  当サイトは、個人情報を以下の利用目的の達成に必要な範囲内で、利用致します。
  以下に定めのない目的で個人情報を利用する場合、あらかじめご本人の同意を得た上で行ないます。
 (1)ご寄附に関するお問合せ、振込方法に対する回答及び資料送付
 (2)清掃活動、セミナーへの参加、総会、役員会等へのご参加とご案内の送付
 (3)会報の送付ほか活動に関する情報提供
3.個人情報の安全管理について
  当サイトは、取り扱う個人情報の漏洩、滅失またはき損の防止その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
4.個人情報の委託について
  当サイトは、個人情報の取り扱いの全部または一部を第三者に委託する場合は、当該第三者について厳正な調査を行い、取り扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう当該第三者に対する必要かつ適切な監督を行います。
5.個人情報の第三者提供について
  当サイトは、個人情報保護法等の法令に定めのある場合を除き、個人情報をあらかじめご本人の同意を得ることなく、第三者に提供致しません。
6.個人情報の開示・訂正等について
  当サイトは、ご本人から自己の個人情報についての開示の請求がある場合、速やかに開示を致します。
  その際、ご本人であることが確認できない場合には、開示に応じません。個人情報の内容に誤りがあり、ご本人から訂正・追加・削除の請求がある場合、調査の上、速やかにこれらの請求に対応致します。
  その際、ご本人であることが確認できない場合には、これらの請求に応じません。

  当サイトの個人情報の取り扱いにつきまして、上記の請求・お問い合わせ等ございましたら、下記までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

     【連絡先】 沖館川をきれいにする会
e-メール : okidategawa-kirei@hp-aomori.jp
電話 017-781-2636 会長 飯田 祥生

 【連絡先】 青森県ふるさとの水辺サポーター 沖館川をきれいにする会
e-メール : okidategawa-kirei@hp-aomori.jp
電話 017-766-0286 会長 久慈 博昭

7.組織・体制
  当サイトは、 責任者(当会会長)を個人情報管理責任者とし、個人情報の適正な管理及び継続的な改善を実施いたします。
8.本方針の変更
  本方針の内容は変更されることがあります。変更後の本方針については、当サイトが別途定める場合を除いて、当サイトに掲載した時から効力を生じるものとします。

back home icon